1000万ドン近くの給料は労働者を引き付けるのに十分ではない

1000万ドン近くの給料は労働者を引き付けるのに十分ではありません。

ホーチミン市の工場が提供する平均月収は約1,000万ドンですが、60%以上の労働者が転職を希望し、人材を採用することは困難です。

6月上旬の約13,000社の求人企業のデータ分析に基づいて職業紹介会社のウェブサイトで情報が公開されたばかりです。具体的には、昨年の第4四半期と比較して、ホーチミン市の工場の賃金は連続増加し、月額980万VNDに達し、BinhDuongとDongNaiをそれぞれ940万VNDと920万VNDで上回った。

ホーチミン市の労働者の平均収入は、統計局が最近発表したデータと非常によく似ています。したがって、2022年第1四半期のホーチミン市の労働者の平均月収は890万ドンで、次の地域であるビンズオンとドンナイ(それぞれ860万ドンと800万ドン)よりも高く、国内で最も高い。 )

収入は増えているものの、ホーチミン市の工場では依然として人材の採用が難しい。 職業紹介会社の調査によると、1,300人以上の労働者が尋ねられたとき、60%以上が転職して他の業界での仕事を探し始めたいと答えました。労働者は、オンラインジョブ、在宅勤務、販売、運転手、配達など、時間の面で柔軟な仕事を見つける傾向があります。

総合統計局は、2022年に企業が約130万人の労働者を採用する必要があると予測しており、2021年と比較して18%増加しています。一部の地域、地域、業界では、需要と供給の不均衡が発生しています。地元の労働者が不足しています。 、第1四半期だけでも約12万人の労働者がおり、前年よりも約2~3%増加しています。繊維・衣料産業、電子組立、木材加工、そして観光、教育などの長い間働くことをやめなければならない流行の影響を強く受けている多くの産業の労働者が不足しています…

社会保険の支払い期間を10年に短縮することができる

社会保険の支払い期間を10年に短縮することができる

Dao Ngoc Dung大臣は、2023年に社会保険法が改正され、従業員が早期に年金を享受できるように、支払い期間が20年から15年に短縮されて10年になると述べた。

6月12日の朝、バクザンとブリッジポイントでの会議では社会保険法の改正に関して、バ・ニャット・バンブー、ラタン協同組合、ホーチミン市ビンタイン区女性労働者のグエン・ティ・トゥイ・ハの提案は、首相と6省の指導者との間のほぼ3時間の対話を開いた。

ハ氏は、法律にはまだ多くの欠点があるという事実に言及しました。特に、年金を受け取るまでの20年間の支払い期間は非常に長いのに対し、多くの企業は40〜45歳の労働者との労働契約を終了する方法を見つけています。彼女は、政府がすぐに法律を改正し、労働者の利益を確保し、社会的保険の一時的な撤回を制限することを提案した。

「保険を解約するとき、年をとったときに年金がないことは誰もが知っているが、多くの兄弟姉妹は困難を抱えており、支払い期間が長いので、彼らはまだ撤回している」と彼女は言った。

女性労働者からの質問に答えて、労働・傷病兵・社会省大臣のDao Ngoc Dungは、全国には現在約5,500万人の労働者がいるが、労働契約を結んでいるのは2,000万人を超えると述べた。強制的または自主的な社会保険に加入している1600万人以上の人々は、加入率が非常に低いです。

過去に一時的な社会保険を解約する人々の状況は良くなく、労働福祉政策の将来に長期的な影響を及ぼします。まず第一に、労働者の生活と福祉を改善し、社会保険の一時的な撤退を制限するために、社会保険法を改正する必要があると彼は言った。

政府は、11の新しい政策グループを含む改訂された社会保険法案を作成する主な責任を負うよう省に任命し、2023年に国会に提出する予定です。基本的な改正の一つは、従業員が年金を享受するための社会保険拠出の年数を徐々に減らすことです。

多く払えば多く貰えるという原則を元にして「ドラフトは徐々に15年、おそらく10年に短縮され、従業員が退職にアクセスできるようになります。これにより、20年が長すぎて従うことができないという事実を回避できます」とDung氏が述べた。

改正法はまた、従業員がより長期間社会保険に加入することを奨励するメカニズムを作成します。同時に困難な時期を利用して管理機関は、社会保険の帳簿を強制、購入、販売、変更することを厳格に処理します。

社会保険法の制定過程については、現実に追いついていないことがあると、ファム・ミン・チン首相は、すべての政策が生活のすべての側面をカバーすることはできないと述べた。しかし、政府は意見を吸収する精神で、現実が提起する問題を解決するために、2023年に改正法案を立法プログラムに含めるように調査し、国会常任委員会に提出しました。

改正された社会保険法は、2023年10月の第6回会期で最初の意見を得るために国会に提出される予定です。 2024年5月の第7回会期で可決され、2025年1月1日から発効した。

6年間の施行後、2014年社会保険法は多くの欠点を明らかにしました。支給期間が長すぎて、社会保険料の基礎となる平均月収の45%の年金を受給するには20年以上かかります。多くの従業員は、一度社会保険を解約するのを待つことができません。自発的な社会保険の支払者は、退職、死亡給付のみを受ける権利があり、病気や産休はありません。

26,500人の読者を対象とした新聞会社の調査によると、7%が、退職基金のバランスを取る必要があるため、少なくとも20年間は社会保険に加入することに同意しました。 48%は、従業員が働き続けることを奨励するために15年に短縮すべきであり、早すぎる退職をすべきではないと同意し、45%は、従業員が早期に年金を享受できる条件を作るために10年に短縮する必要があると考えています。

2021年末までに、全国で1,650万人以上が社会保険に加入し、年齢層の労働力の33.7%をカバーしています(強制対象で1,510万人、自由対象で145万人)。 );定年後の494万人以上の高齢者は、年金、社会保険給付、毎月の社会給付を享受しています。定年後の900万人以上はまだ社会保障を受けていません。

ベトナム社会保険の統計によると、社会保険の平均的な加入者は、退職および生存基金に22%の割合で28年間支払い、70.1%の割合で平均25年間の年金を享受しています。

5月15日から、ベトナムに入国する際にCovid-19の検査を受ける必要が無くする

515日から、ベトナムに入国する際にCovid-19の検査を受ける必要が無くする。

ベトナムは首相の指示に従い、5月15日の0時からベトナムに入国する人々に対するCovid-19検査の要件をに停止する。

 

5月13日付けの電報によると、首相は保健省に対し、適切な指導のために流行状況を深く監視するようと要請した。 外務省は海外のベトナム政府機関に対し、ベトナムに入国する希望者に対して、疫病対策の要件を遵守するように通知し、指示している。

 

上記の指令は症例数と死亡数の両方が減少するというCovid-19の世界的な傾向に照らして作成されました。 多くの国では入国前にCovid-19の検査を受ける必要がなくなるなど、疫病の予防と管理の対策が徐々に緩和されてる。

 

保健省の規則によると、飛行機、道路、水路、鉄道で入る人は72時間以内にPCRによるnCoVの陰性検査結果を必要となり、クイックテストの場合は 24時間以内が必要となっている。

 

PCR検査を受けていない場合は入国時に国境ゲートから居住地(ホテル、民家など)までの最初の24時間は立ち止まりや他人との接触を制限する必要となります。 テストの結果が陰性だった後は自由に旅行できます。 2歳未満の子供は検査を受ける必要はなく、両親、親戚が同行する。

 

5月6日、民間経済開発研究委員会はベトナムへ観光する海外客がnCoVの陰性検査結果が必須との要件は観光再開に差し支えるので、削除すると提案した。

 

以前、4月27日、保健省は入国時の人々に対する医療申告を停止する規制を解除した。

ベトナムの最低賃金は6%増加するとの予想

地域の最低賃金は6%増加するとの予想

 

全国賃金評議会のコンセンサスによると、7月1日から、地域の最低賃金は6%となり、つまり現在よりも180,000〜260,000ドン増えると予想されています。

4月12日の朝の会議で、全国賃金評議会は政府が決定するために提案及び実行する時点を提出して、承認された場合はリージョンIの最低賃金は468万ドンで、リージョンIIは416万ドンに達し、リージョンIIIは364万ドンおよびリージョンIVは325万となります。

 

最低賃金は2020年1月1日から変わらずに従い、リージョンIは442万ドンで、リージョンII392万ドン、リージョンIIIは342万ドン、リージョンIVは307万でした。

 

ベトナム商工連盟(VCCI)のHoang Quang Phong副会長は昇給期間が2022年7月1日から2023年12月末まで続いたときに懸念を表明しました。 彼はCovid-19が流行って以来の事業協会を「病気が治ったばかりの人々」と比較しました。今年の半ばから、賃金の上昇により、企業は生産、事業計画、インデックス及び注文などを調整する必要があります。

 

2年間調整せず、価格のずれを部分的に補償した後に適切する為、ベトナム労働総同盟は7〜8%の増加(215,000ドンから354,000ドンの範囲)を見込んでいます。労働組合の代表は企業との困難を共有しますが、物価が高騰するとともに、Covid-19の影響で、収入が減少し、労働者も苦しみの限界に達しました。

 

組合代表は「過去数日間の社会保険の脱退一時金の手続きを待つために早朝から列を並んでいる労働者のイメージは当事者が合理的な最低賃金について議論することを非常に示唆している」と述べました。

 

VCCIの勧告に従って、2023年1月ではなく2022年7月1日から最低賃金を引き上げる提案を説明し、ベトナム労働総同盟の政策法務部のLe Dinh Quang副局長よると、早期に引き上げると蓄積を回避できるので、企業に衝撃を与えないと述べました。2022年の第1四半期のGDPは5.03%増加し、指標からには、企業の回復力が高まっていると示しています。

 

最低賃金法は労働法の契約制度の下で働く人々、ビジネスで働く、契約に基づいて労働者を雇用するベトナムの協同組合、農場、世帯、その他の個人および組織も含めて、労働者を雇用するベトナムにある外国機関、組織、国際機関又は個人事業に適用されます。

 

2021年、労働組合研究所の労働者による調査では、21%以上の労働者がインスタントラーメンを食べなければならないと示され、48%の働者は毎日の肉の摂取量を減らさないといけません。22%は毎日の買い物から親戚から提供された食べ物に切り替え、15%が一緒に食事するか、食分を減らすかと選択します。 60%は支出を減らすことにし、11%は親戚からお金を借りなければなりません。 0.3%の労働者は高金利の借金、ブラック信用を利用する或いは、自分の社会保険の本を売れることにします。

ホーチミン市で、75兆ドンの環状道路3を建設するとの提案

ホーチミン市で、75兆ドンの環状道路3を建設するとの提案

 

政府は国会にホーチミン市の環状道路3プロジェクトの投資方針を決定すると提案しました。予備的な資本総額は75兆ドンです。

政府はホーチミン市の第3環状道路建設プロジェクトの事前実現可能性調査報告書を国会に送付し、中央および地方予算からの資金を使用すると提案しました。

 

ホーチミン市の環状道路3の全長は76km(ホーチミン市を通る区間47.5 km、ドンナイ11 km、ビンズオン10.7 km、ロンアン6.8 km)、4車線のサイズ、速度80 km/Hと予想されます。断面幅は19.75mで、都市部と住宅地を通る区間には、両側に2〜3車線の平行道路で、プロジェクト実施の進捗状況2022-2027との予定です。

 

政府はこの地域と世界の国々の経験から、高速道路開発への投資が不可欠であり、意欲と社会経済的発展を生み出していると信じています。 最初の高速道路が建設されてから16年以上(2004年)、ベトナムの高速道路は1,163 kmしかなく、2020年までに2,000kmの高速道路の目標が果たされていません。 ホーチミン市の環状道路3はまだ投資されません。

 

地域間の環状道路として、ホーチミン市の環状道路3の投資と開発により、放射状の道路ルートを接続する能力が向上します。 ホーチミン市地域の地域間、スペースの拡大と開発意欲に貢献します。 使用されるルートは近隣地域の防御エリアとホーチミン市を接続します。

 

現在、高速道路ホーチミン市-チュンルオン、ホーチミン市-ロングタン-ダウジャイ、放射状の国道はすべて、特にラッシュアワーに過負荷になっています。 次回ロンタイン空港が利用されると、タンソンニャットの容量が増加し、ホーチミン市と南部の主要経済地域の人口増加に伴い、地域の交通インフラはさらに過負荷となります。

 

「従って、環状道路3を完成させるための投資は都心部への圧力を減らし、交通渋滞を制限し、汚染物質の排出を減らすことに貢献するだろう」と政府の報告書は述べました。

 

2023年に完成する予定のベンリュック-ロングタン高速道路に沿った閉鎖環状道路3の建設はホーチミン市を通る県外交通を迂回させるための効果的な解決策と考えられています。

ハノイは約4兆ドンの廃棄物発電所の建設を開始

ハノイは約4兆ドンの廃棄物発電所の建設を開始

3月30日、スアンソン固形廃棄物処理エリア(ハノイのソンタイタウン)にあるSeraphin廃棄物発電所が、合計4兆VNDの投資で開始された。

工場は社会化によって投資されており、ごみの消費能力は1,500〜2,000トン/日、発電能力は37MWで、20か月後に完成する予定です。

投資家の代表であるTo Van Nhat氏、創設メンバー、Amaccao Groupの取締役会常任副会長は、このプラントはヨーロッパの技術を使用して廃棄物を燃やし、熱を回収し発電する、と述べました。燃焼はEU基準2010/75/ECに適合している。つまり、排気は自然の空気のようです。水を排出せず、ほこり、騒音、臭いなどを外部環境に拡散させない。

排出量、廃水、臭気、騒音などの基準は、市人民委員会の天然資源環境省にオンラインで提出される。工場のゲートには、地方自治体と人々が一緒に監視するためのパラメータを表示する電子ボードも配置されている。

市人民委員会副委員長のグエン・トロンドン氏は、近年、都市はごみを再利用の資源として考え、エネルギーを生み出し、環境の改善と環境の改善に貢献することを考慮して、現代の技術でごみを処理することを志向していると述べた。

Seraphin は、市内で2番目のごみ発電所です。ナムソン廃棄物処理場(ソクソン、ナムソン埋立地)の最初の工場は、1日5,500トンの廃棄物を処理できるようになり、2022年の第2四半期から稼働する予定です。 2つの工場は基本的に市内のすべての家庭ごみを処理する。現在、この地域の廃棄物量は約7,000トン/日であり、そのほとんどは現在も埋め立て処理されている。

上記の2つのプロジェクトに加えて、ハノイはチュオンミー、フースエン、タインチ、ザーラムで廃棄物処理プロジェクトを継続して実施します。市の指導者たちは、中心部周辺にごみ工場を建設することで、輸送距離の短縮、コストの削減、予算の削減に貢献すると考えている。

Xuan Son固形廃棄物処理エリアは現在、Ba Vi、Chuong My、Dan Phuong、Hoai Duc、My Duc、Phuc Tho、Phu Xuyen、Quoc Oai、Thach That、Thanh Oai、ThuongTin, Ung Hoa , Son Tayを含む12の地区から固形廃棄物を受け取って処理している。この埋め立て地の平均量は約1,500トン/日です。そのうち、1日あたり1,400トンが埋め立てられ、約100トンが燃やされている。

2030年までのハノイ首都の固形廃棄物処理に関するマスタープランによると、2050年までのビジョンで、ハノイには17の固形廃棄物処理ゾーンがある。しかし、現在、市内には2つのゾーン(ソクソン地区のソクソン廃棄物処理施設とソンタイタウンのスアンソン固形廃棄物処理エリア)しかありません。

7月1日から地域の最低賃金を引き上げることを提案し続ける

7月1日から地域の最低賃金を引き上げることを提案し続ける。

ベトナム労働総同盟は7月1日から地域の最低賃金を引き上げることを提案したが、具体的な引き上げは明らかにされていない。

3月28日の午後、全国賃金評議会の地域最低賃金に関する会議の終わりに、ベトナム労働連盟の代表は、会議は探索的な性質のものであり、当事者は具体的なものを最終決定していなかったとは述べた。しかし、当機関は1/7から給与の引き上げることを提案し続けて行く予定である。

最新の最低賃金の調整は2020年1月1日であり、リージョン1は442万VNDで、リージョン2は392万、リージョン3は342万、リージョン4は307万で、これまで変更はなかった。

ベトナム労働総同盟によると、労働者は、コロナ流行と価格の急増のせいで、とても困難になっているため、困難を分かち合う必要がある。賃金の上昇は双方にとって有益であり、労働者は生活費を賄うためにより多くのお金を持っており、企業は費用を増加させますが、人的資源を保持できる。同機関の提案では、1年間を遅らせるのではなく、2021年7月1日から地域の最低賃金を引き上げることだったが、パンデミックのために承認できませんでした。

ベトナム貿易産業連盟(VCCI)の代表は従業員と困難を分かちあったが、パンデミックの後も企業が回復する必要があるという文脈で慎重に計算することを提案しました。

2021年、労働組合研究所の労働者による調査では、労働者の21%がより多くのインスタントラーメンを食べなければならなかった、労働者の48%は、毎日の肉の摂取量を減らさないといけない状況だった、22%は、日々の買い物から親戚から提供された食べ物を食べることに切り替えました、15%が食事を回数を減らしたり、経費を60%節約したり、 11%は親戚からお金を借りなければない、労働者の0.3%は、高金利、ブラックの借金、社会保険帳を売ったりしてるとは示されました。

地域の最低賃金は企業が交渉して従業員に賃金を支払うための基礎です。この最低賃金は各会社で働く人々、契約に基づいて労働者を雇用するベトナムの協同組合、農場、世帯、その他の個人および機関、労働者を雇用するベトナムの機関、ベトナム人を雇用する外国機関など、労働法の契約制度の下で働く人々に適用されます。

オーストラリアへの労働者は6600万ドン(33万円)の給料

オーストラリアへの労働者は6600万ドン(33万円)の給料を稼ぐことができる。

毎年、オーストラリアは約1,000人のベトナム人労働者を受け入れ、月給は5,300万〜6,600万ドンです。

3月28日にハノイで労働省とオーストラリア外務貿易省との間で締結された覚書は、ベトナム国民がこの国の農業部門で働くため、適切な条件を作り出している。

今年からオーストラリア側は年間約1,000人の労働者を受け入れ、月額の生活費を除く前の基本給は約3,200-4,000 AUD(約52.8-66百万VNDに相当)です。収入は他の労働者受け入れ市場と比較して高く評価されている。

労働省大臣のDao Ngoc Dung氏は、オーストラリアは農業が発達しており、賃金が高く、法制度が明確で、スキルと外国語が必要な外国人労働者を受け入れていると評価した。ベトナムの労働者は、良好な収入と保証された労働条件で働くようになり、またこの国のより多くの知識、技能、科学技術を学ぶ機会がある。

農業部門の労働者のためのビザプログラムは、農業部門の労働力不足を補うために、2021年9月からオーストラリア政府によって発表されました。ベトナム、タイ、インドネシア、フィリピンの4つの国が優先されている。

その前に、2017年から、両国はワーキングホリデープログラムの下で働くために約1,000人のベトナム市民をオーストラリアに連れてきた実績も作った。

ハノイはホアンキエム湖に隣接する地下駅の計画を決定した

ハノイはホアンキエム湖に隣接する地下駅の計画を決定した。

地下にある4階建て駅のオプション1がハノイ人民委員会によって選ばれ、、特別な遺物であるホアンキエムとゴックソン寺院の保護地域に当たらない所で、Thap Butに遠く離れた場所です。

 

3月23日午後のハノイ人民委員会事務局の発表によると、都市が地下鉄駅C9都市鉄道プロジェクトNo.ナムタンロン-トランフンダオの3つのオプションについて省庁から意見を受け取った後、オプション1が選択されました。 この新しい計画により、市は投資方針を調整し、首相に報告して検討、決定を行い、プロジェクトの進捗を加速します。

 

オプション1の選択について説明すると、Hanoi Duong Duc Tuan副社長は「このオプションは、技術、実現可能性、遺産法の遵守を確保し、文化教育委員会国会と文化体育観光部の勧告を解決できるように研究および調整されている」と述べました。

 

具体的には、地下駅C9の構造とルートのセクションは特別国定記念物ホアンキエムとゴックソン寺院の保護地域IIから取り出されています。 地下鉄駅はDinh Tien Hoang 道の下、Hanoi電力会社の本部とHanoiの人民代表会議および人民委員会の本部の前にあります。

 

ステーションC9は長さ202.4 m、幅15 m、奥行き31 mで、上下に2つのドアがあります。 駅構内は最寄りのビルから約3mとなる。 駅は4階建てで、1階に待合室と乗車券販売システムがあります。 2階と4階はゲストの送迎と利用され、 3階には設備置き場となります。 駅の場所はThap Butから97m、投影はThap Butから30mです。 上下の道は記念碑の保護区域IIの範囲外と配置されています。

 

オプション1を選択すると、駅を建設するとき(発掘されたとき)の樹木の再配置も最小限に抑えられ、遺物の場所の景観、文化的、生態学的環境が確保されます。 市は振動を発生させず、記念碑に影響を与えないように駅の建設方法を使用することに取り組んでいます。

 

オプション3(C9地下鉄駅を削除するか、後で建設する)は計画に適さないので、列車の運行技術に影響を与え、後で建設するとコストが増加するため、拒否されます。

 

オプション2(初期計画)は首都計画で特定されたハノイ都市鉄道管理委員会(MRB)と部門および支部によって合意されましたが、ホアンキエムの保護地域IIにある駅本体と搭乗口3番です。湖の遺物であり、文化体育観光省の同意が得られなかったです。

 

3月14日から現在までの調査では、回答した6,000人を超える読者のうち、70%がオプション2に同意し、13%のみがオプション1を選択し、17%がオプション3を選択しました。

 

都市鉄道2号線は2008年からフィージビリティスタディレポートの承認を受け、2013年にコンサルティングサービスの契約を締結しました。ルートの出発点はグエンヴァンフエン通り沿いのナムタンロン市街地(チプトラ)です。Hoang Quoc Viet-Hoang Hoa Tham-Thuy Khue-Phan Dinh Phung-Hang Giay-Hang Duong-Hang Ngang-Hang Dao-Dinh Tien Hoang-Hang Baiで、Hue通り(Nguyen Du通りとの交差点)に終わります。

 

承認された計画によると、線路の長さは11.5 kmで、そのうち高架区間は2.6 km、地下区間は9km近くあります。 調整後のプロジェクトの総投資額は日本政府のODA融資と国家予算からの相互資本を使用して、34兆6,700億ドンを超える。 承認されてから10年以上経ちますが、C9ステーションの場所は合意されていません。

建設省は、各地方に建設資材の価格を発表するよう要請

建設省は、各地方に建設資材の価格を発表するよう要請

素材や原料の価格が大きく変動し、予測が難しいため、建設省は、投機や価格の高騰を避けるために、定期的に価格を公表するよう地方自治体に提案した。

建設省によると、一部の地域が価格を決定し、四半期ごとの建設物価指数が遅れて発表してしまうと、市場の動向についていくことは不可能だ。一方、燃料や建設資材の価格は、上昇傾向に伴い、時間とともに大きく変動している。世界の状況が急速に変化し、複雑になると、予測も多くの困難に直面している。

 

例を言うと、3月15日の国内建設用鋼の価格は1900万ドントンを超え、たった1週間で2回上昇した。セメント、砂、コンクリートなどの他の一連の建設資材の価額が急速に増加した。年初以来、コンクリートの各m3の価格も2倍になっている。

 

さらに、建設省は、各地方の公表した材料リストには多くの重要な建設資材が不足していると指摘しました。同省は、このような状況が続くと、投資費用や関係者の建設契約の準備や管理に支障をきたし、事業の進捗や支出に影響を与えると述べた。

 

したがって、各地方はしっかりと監視し、市場の状況に応じて材料価格と建設価格指数の発表を迅速に更新および調整する必要があります。特に主要な建設資材の需要と供給の予測を改善し、供給不足を克服して欲しい。これは、投機、価格の高騰、儲けを利用する現象を回避するためです。

 

各地方は公表するにリストに需要な建設資材や設備を定期的に確認および更新する必要があります。材料の変動が大きいため、建設省は毎月の発表が必要だと考えています。

特定のメカニズム工事及び2021年から2025年にかけての東方の南北高速道路の建設に関する投資プロジェクトに関しては各地方が各入札パッケージ及びコンポーネントプロジェクトの建設投資コストの管理または建設投資の管理などの各義務を適時または効果的に実行する必要があります。

各地方は、地方の建設投資コストを策定および管理する過程で、建設費の見積もりにデータベースシステムを適用する際の問題を定期的に確認および要約する必要があります。

規範のない作業、調整、補足、または提案が必要な場合はガイダンスと削除のために建設省に報告する必要がある。