労働者の収入が住宅価格に追いついていない

労働者の収入が住宅価格に追いついていない。

ハノイの都心部には、2,500 万 VND/m2(13万/m2) の手頃な価格のアパートは売り切れだった。手頃な価格の住宅の供給はなくなり、労働者の住宅へのアクセスはますます困難になっています。

予測によると、供給が限られているため、アパートの価格は今後も上昇し続け、人々の収入は住宅価格に追いつかず、多くの人々が定住の夢をあきらめる。

Nguyen Ngoc Mai さん (Cau Giay, Hanoi) は、夫と妻が長年大切にしてきた家を購入する計画が棚上げされ続けていると語った。その理由は、住宅価格が財務能力を超えて高騰したためです。一方、銀行のローンが多すぎると、夫婦の給料だけでは賄えなくなります。

Maiさんは、2020 年の初めに、何年にもわたってお金を貯めた後、夫と一緒にThe Golden An Khanhで手頃な価格のアパートを購入することを目指していたと言いました。当時の 2 ベッドルームのアパートの価格はわずか 13 億 VND(650万円) でした。家計のバランスを取った後、彼女と夫は家を購入する計画を一時的に脇に置き、一緒に収入を増やそうとしました。計画では、銀行から借りすぎる必要がないように、また借金返すプレッシャーを軽減するために、1年か2年延期することです。最近、累積額が8億ドン(400万円)近くになったとき、夫婦は家の購入を再開しました。貯めたお金で、家族と一緒に、残りのお金を銀行から借ります。しかし、この地域で家を買う場所を探しに戻ったとき、アパートの価格は 1 アパートあたり 17 億(850万円)から 18 億 (900万円)VND に上昇しました。

Maiさんの家族の経済的能力を満たすことができる不動産は全くありません。 「妻と数日話し合った結果、借家での生活を続けることにしました。落ち着きがなく、子どものことを考えたり勉強したりすることも難しくなりますが、多額の借金をすれば、夫婦の借金返済能力 住宅価格はこのように急騰しました。私たちのような収入では いつ家を買えるかわかりません 収入が増えても住宅価格は何十倍にも上がり人々が住宅にアクセスするのは難しいだろう」とMaiさんは言った.

Maiさんと同じ状況でHoang Van Taiさんも、家を購入して賃貸を続けるという彼の意図をあきらめなければならなかった、と語った。この地域で家を購入するつもりだった。昨年、いくつかの不動産で調査したとき、アパートは60〜70平方メートルで、価格は約25億VNDでした。計算した後、彼と彼の妻はさらに蓄積することにしました。この時、日増しに住宅価格が上昇しているのを見て、買わなければさらに値上がりし、住宅を購入する機会はさらに難しくなり、彼と彼の妻は買うことにしました。 しかし、価格を調査すると、現在、ここの 70 平方メートルのアパートの価格は約 30 億ドルです。

「夫婦共働きで便利だし、子供たちも安定して勉強してるから本当はここに泊まりたいけど、双方の家族のサポートがあっても今の値段じゃ無理。妻と私アパートを借り続け、家賃は後で考える。多くの人は僻地で購入することをお勧めしますが、それらの地域ではインフラがなく、投資家は売るために家を建てるだけで、学校が不足しているため、私はまだ”考えてない」と Tai さんが共有した。

住宅価格は引き続き上昇すると予想される。

建設省の報告によると、都市部の中心部にある商業用住宅プロジェクトには、価格が 2,500 万 VND/m2 未満のアパートはほとんどありません。たとえば、ハノイでは、この価格のアパートは、地区などの遠隔地のいくつかのプロジェクトでのみ利用可能です。xpHOMES プロジェクト (ダンフォン地区) は 2,900 万 VND/m2、プロジェクト ゲメック プレミアム (ホアイ ドゥック地区) は 2,600 万 VND です。 /m2、スアンマイ コンプレックス プロジェクト (ハ ドン地区) の費用は約 2,700 万 VND/m2 です。

一方、市場に出回っている主なアパートは、価格が約 3,500 万 – 5,000 万 VND/m2 の製品で、次のようなプロジェクトがあります:Keangnamは約 4500 万 VND/m2 、Melody Residencesは約 4500 万 VND/m2、Vinhomes Smart City (Nam Tu Liem 地区) の費用は約 3600 万 VND/m2 です。

建設省によると、住宅価格の急騰の理由は、2022年前半にすべてのセグメントで新しい不動産製品の供給が制限されたためです。主に不動産プロジェクトの法的手続きの強化により、新規供給は制限されており、さらに、市場への資本フローは、信用資本の厳格な管理、開発社債の発行、債券の下落など多面的に狭められています市場なども供給が限られている理由です。

一方、ある不動産会社の不動産市場レポートによると、大都市、特にハノイとホーチミン市でアパートの価格上昇が続いている。

特にハノイ市場では、高級マンションの伸び率が最も高く、続いて低価格・中価格帯のマンションが続いた。具体的には、2021 年と比較して、2022 年の第 2 四半期の終わりまでに、高級マンションの価格は 14% 上昇し、中価格帯のアパートと手頃な価格のアパートの価格はそれぞれ 12% と 7% 上昇しました 。ハノイのアパートの伸び率は、ホーチミン市のアパートの伸び率よりもはるかに高く、比較して4%から8%高いです。

このレポートはまた、2,500 万 VND/m2 未満の価格の安いアパートの市場は完全に消滅したと述べています。ハノイの手頃な価格のアパートは、2,600 万 VND/m2 から 2,900 万 VND/m2 に増加しました。ミッドエンドのアパートは、3,800万VND/m2 から4,100 万VND/m2 に増加しました。高級マンションは、7,900 万 VND/m2 から 9,000 万 VND/m2 に増加しました。

価格上昇は地域的なものであり、ハノイ郊外のアパートプロジェクトは一定の価格上昇を記録しています。最後のトランザクションは、生きる必要性に向けられています。

しかし、住宅の購買力が以前のように良好な流動性を達成するのが難しいことは否定できません。人々の平均収入が不動産価格の上昇に追いついていないからです。

2022 年の残りの数か月の市場では、供給がまだ不足しており、価格が上昇しているため、多くの変化は見られません。開発者は、特に投入コストから、価格の上昇圧力に直面し続けています。

子供が騙されてカンボジアに連れて行かれて、多くの家族が警察に助けを求めた

「軽い仕事で高給」の宣伝を信じる多くの若い労働者が、だまされてカンボジアで働かされています。不法就労を強いられただけでなく、被害者は殴打され、家に帰れるように身代金を要求されました。
最近、中部 及び 中部高地の多くの省の警察は、騙されてカンボジアで働かされた子供を持つ家族から継続的に嘆願書を受け取りました。被害者の共通点は、「軽い仕事で高給」の求人情報を信じていること。

被害者はカンボジアに連行された後、不法就労を強いられた。働くことに同意しない人は、脅され、殴られます。被害者がベトナムに戻ることを希望したとき、対象者は数億ドンの身代金を要求しました。

6 月初旬、Quang Ngai 警察は上記の詐欺に関する警告情報を発行しました。したがって、Quang Ngai 警察署は、カンボジアで騙されて働かされた 8 家族から請願書を受け取りました。

Gia Lai では、警察はまた、詐欺に遭い、カンボジアに送られた疑いのある多くの事例を記録しました。このうち、SNSを介した求人募集という形で詐欺にあった事例が2件確認されています。

Gia Lai 警察によると、被害者はカンボジアに行った後、ソーシャル ネットワークを通じて詐欺行為を強要されたという。被害者にはチートを行う「ターゲット」が割り当てられ、それを怠った場合、月額約 1,000 米ドルの罰金が科せられます。働くことに同意しない人は、脅され、殴られます。

P.P.Tさん (23 歳、ザライ省) は、だまされてシアヌークビル省で働きました。作業を完了しなかったため、T.さん は殴打され、契約に罰金を科されました。被験者は T.さん に 1 億 5000 万 VND を払ってベトナムに戻るように要求した。

T.さんの家族は、お金を借りて、詐欺師が提供した口座に送金しなければなりませんでした。 10 日以上後、T.さん はパニック状態でベトナムに送り返されました。

T.さんのような状況に陥り、帰宅途中のN.さん(16歳、フーイエン省)も執念に満ちている。ソーシャル ネットワークを通じて、N. さんは魅力的な給与の仕事を見つけました。 6 月初旬、N.さんは仕事でホーチミン市に行き、家族との連絡が途絶えました。数日後、N.さん は家に連絡し、仕事のためにカンボジアに派遣されたと言いました。

数日後、何者かが N.さんの家族に連絡を取り、2,300 万ドンの契約金を支払うよう求めました。家族が十分なお金を払うと、N. さんは家に帰されます。 6 月 20 日、ラッキー N.さん は無事に帰国しました。

上記は、求人情報「軽い仕事で高給」を信じて騙されてカンボジアに入国した事例のほんの2例です。この 2 例は、無事に帰宅することができて非常に幸運でした。実際、家族が支払ったにもかかわらず、詐欺師はまだ人々を解放していないというケースがあります。

警察によると、専門部隊が詐欺事件の確認とカンボジアへの救出に努めている。しかし、関係者がすべてカンボジアにいるため、これは現在多くの困難に直面しています。

警察庁はまた、ソーシャルネットワークを介した求人情報に注意するよう従業員にアドバイスしています。仕事を探すときは、認可機関、または労働・傷病兵・社会問題省の雇用サービスセンターに連絡する必要があります。詐欺の疑いがある場合は、警察に通報して支援を求める必要があります。

帰国後、海外で働いた労働者への再就職支援

職業訓練費用の支援と融資は、帰国後に海外で働く労働者を支援するためにクアンガイ省によって最近提案された政策です。
近年、Quang Ngai 省は、雇用を創出し、失業を減らすために、契約に基づいて労働者を海外に派遣することに重点を置いています。

2015 年から 2020 年の間に、省は 10 の国と地域で働くために 7,400 人以上を接した。このうち、2,600 人以上が契約で海外に出稼ぎに行っています。

帰国後、これらの労働者は生産とビジネスへの投資を続けます。したがって、これらの人々が経済を発展させ、自分自身、家族、その他の人々のために雇用を創出するための好ましい条件を作り出すためのメカニズムと政策が必要です。

これに基づき、クアンガイ省人民委員会は、2022 年から 2025 年までの期間に、帰国後に労働者が契約に基づいて海外で働くことを支援する政策の検討と承認のために、クアンガイ省人民委員会に提出しました。

この方針により、帰国後に海外で働く労働者は、職業訓練の支援やローンの支援を受けることができます。

具体的には、一次研修、3ヶ月未満の研修に参加する際の受講料を支援します。サポートのレベルは、省内のトレーニング機関が徴収する授業料と同額ですが、1 コースあたり 250 万 VND を超えません。

従業員は、企業、協同組合、協同組合グループ、事業所の設立または設立に参加するため、または生産とスタートアップを拡大するための融資も受けられます。融資サポートの上限は 1 人あたり 1 億 VND です。貸出時期、利率、貸出方法・申込書、貸出手続きについては、社会政策銀行の貸出制度に準じます。

Quang Ngai 省人民委員会によると、現在から 2025 年までに、省はこの政策を実施するために 197 億 VND 以上を必要としています。

2026年から、二輪車は定期的な排出ガス検査を受けなければならい

2026年から、使用年数が3~5年以上の二輪車は定期的な排出ガス検査を受けなければならず、同時に排出ガス基準を満たしていない車両は区域内に制限されます。


ハノイ天然資源環境局によると、5,240 台のバイクと原付の 5 年以上の車の排出ガスを無作為にテストすると、排出量は現在の許容限界 (ベトナム基準を満たさない車両の割合) を超える傾向があります。 6438:2018 レベル 1 は 54.2% で、レベル 2 に達しないのは 60.65% です。同時に、オートバイの排気ガス、特にメンテナンス後に TCVN 6438:2018 レベル 1 を満たさない車両が 9.54% に急落した場合、メンテナンスが重要な役割を果たすことが証明されています。

2021 年 11 月 12 日から 2022 年 3 月 3 日までに、プログラムの規定に従って、人々が自発的に放棄し、新しいバイクに変更するためのサポートを受けたバイクは 4 台だけでした。

この地域の 3,867 人のバイク所有者を対象とした直接調査では、大多数の人々 (86%) が排出規制政策を支持していることが示されています。検査料金は多くの人が同意しており、年に 1 回の頻度で約 30,000 ~ 50,000 VND/回です。約 29% の人が、規制に従って古いバイクや廃棄されたバイクを収集場所に持ち込むと答えました。

ハノイ天然資源環境局は、2023 年に市の機能単位が法的枠組みを開発し、二輪車の排気ガスを制御する計画を発行することが期待されていると述べた。大気環境保護のためのゾーニングや二輪車の規制について検討する。

2024 年から 2025 年にかけて、市は 5 年以上使用したオートバイのパイロット テストを毎年実施します。このフェーズでは、排出基準に従ってゾーニングも適用され始めます。

パイロット後、2026年から、使用年数が3~5年以上の車両は定期的な排出ガス検査を受けなければならず、同時に、区域内の排出基準を満たさない車両を制限します。ハノイ市は、保護地域に応じた地域への排出料金の適用を検討する予定です。

ハノイは、170 の固定式および移動式試験ステーションを含むオートバイの排出ガス制御システムを構築する予定です。黒煙を発する車両を検出する交通カメラ システムに投資する (既存の交通カメラと組み合わせて使用​​できます)。移動式排出ガス検査ステーションに投資する (黒煙を出す車両に罰則を与えるために、道路のすぐそばで測定を行う)…

ハノイ天然資源環境局は、定期的な検査とメンテナンスによってオートバイの排出ガスを制御することは、多くの利益をもたらすと考えています: 燃料を節約するためのコストがかかるため、人にコストがかかることはありません. 定期的なメンテナンスにより、燃料消費量が最大 7% 節約される場合. ) 車検・整備費用を補うことができます。このポリシーは、総 CO の 35.55%、総 HC 排出の 40% を削減するのに役立ちます。このポリシーは、法律に従って、検査ユニットのオートバイの検査とメンテナンスから、従業員の雇用と収入を増やします。

ステージに応じて、ハノイはスクリプトの内容を調整できます。たとえば、人々が定期的なオートバイの排出ガス試験に慣れていない初期の段階では、市はオブジェクトによってのみ制御できます。しばらくすると、オブジェクトとエリアの両方による制御が結合されます。インフラや公共交通機関の整備が整った段階で、バイクの排出ガス料金徴収との組み合わせを検討します。

排出基準を満たしていない古い車両については、市は主に、自動車所有者が予算の財源から回復し、企業が基準を満たしていない車両を改造することを社会化し、サポートすることを支援しています。

以前は、2021 年 8 月に、大気質を改善するためのソリューションを構築および実装するための科学的根拠として、古いオートバイの現在の排出状況を評価するために、ハノイがオートバイの排出テストを組織しました。

運輸省によると、2022 年 7 月までに、ハノイには 760 万台以上の車両があり、そのうち 100 万台以上の乗用車、約 650 万台のあらゆる種類のオートバイ (他省の車両を除く) が市内のその他の交通量となっています。

日本の食品業界で多くの労働者を募集

日本の食品業界で多くの労働者を募集

Bac Lieu省は、日本で食品関連産業の技能実習生として 30 人の女性労働者を募集しています。

先日、バックリュー省の労働・傷病兵・社会局の雇用サービスセンターの副所長であるグエン・ホアン・ブー氏は、同省は日本で契約の元で働く労働者(技能実習生)の募集を発表したと述べた。 .

情報によると、今回の採用需要は、中等学校卒業以上で基礎計算ができる18~33歳の女性技能実習生は30名です。

候補生は、日本語を習得する能力があり、医師の判断およびその他の要件に従って、海外で働くのに十分な健康状態にあります。

Bac Lieu雇用サービスセンターによると、募集形態は面接なしで推薦式です。

Bac Lieu 省には、労働者が契約に基づいて海外で働くことを支援する政策があります。具体的には、労働者は、貧しい、ほぼ貧困に近い世帯、少数民族、革命家の親族、農地が回収された世帯で、派遣手数料の 100% まで借りることができる。このカテゴリーの労働者は、1 人あたり最大 1,300 万 VND までの費用も補助されます。

その他の対象となる労働者は、政策銀行で費用の50%を無担保融資、農業銀行で契約費用の最大30%を担保付で追加融資、残りの費用の20%で自己負担になります。これらの労働者は、1 人あたり 400 万 VND のまで補助もされます。

2022 年の計画によると、Bac Lieu 省は契約に基づいて 300 人の労働者を海外に派遣する予定です。

2022 年の最初の 8 か月で、ハノイは 153,523/160,000 人の労働者の雇用を創出

2022 年の最初の 8 か月で、ハノイは 153,523/160,000 人の労働者の雇用を創出し、計画の 96% を達成し、38,728 人を増やし、雇用を創出し、2021 年の最初の 8 か月と比較して 33.7% 増加しました。

政府の 2021 年 10 月 11 日付の決議 128/NQ-CP を実施し、「安全に適応し、柔軟に、Covid-19 の流行を効果的に制御する」という一時的な規制を実施し、ハノイ市人民委員会は、労働市場の支援、開発、雇用創出のための多くのソリューションを同時に実施しました。労働者のために多くの新しい雇用を創出するため、企業の採用需要は増加します。

ハノイ労働傷病兵社会局の統計によると、2022 年の最初の 8 か月間で、ハノイは 153,523/160,000 人の労働者の雇用を創出し、計画の 96% に達し、38,728 の雇用を創出しました。 2021年の最初の8か月と比較して33.7%増加してます。

8 月 20 日の時点で、ハノイ雇用サービス センターは168 のジョブ セッションを開催し、4,656 社が参加した。求人総数は91,926人、インタビューを受けた労働者の総数は 38,794 人です。セッションで採用された従業員の数は12,895人でした。

この機関は、1 兆 1,940 億 VND の支援予算で、45,277 人の失業保険給付に関して検討した上、決定を下しました。その他、 1,013人に対する職業訓練支援も決定し、支援額は45,2億VNDでした。

外国人労働者がハノイで働くための 7,299 の労働許可証を査定して発行してます。そのうち 2,237 人の管理職と幹部、4,050 人の専門家、1,012 人の技術労働者がいます。

ハノイ労働・傷病兵・社会局によると、中央から地方レベルまで、政治システム全体の経済を回復し発展させるための絶え間ない努力と柔軟な対応ソリューションのおかげで、これまでの活動のほとんどは生産と営業活動は通常の状態に戻りました。

第 31 回 SEA Games イベントはベトナムで成功裡に開催され、より活発な貿易、観光、文化活動の促進に貢献し、経済回復に拍車をかけました。したがって、2022 年の最初の 8 か月の労働市場は回復の勢いを維持し続けます。

しかし、政治危機による一部の必需品の価格上昇圧力により、今後、ベトナム、特にハノイの労働市場は依然として多くの困難と課題に直面する可能性があります。

企業の採用ニーズは、主に事務職、営業・営業職、製造職、電子部品組立職等の採用ニーズが集中すると予想されます。

さらに、観光活動の再開に伴い、宿泊施設およびケータリングサービスのグループの企業の採用ニーズ、観光および旅行サービスも、前の期間と比較して 15 ~ 20% 増加します。

その中で、社会政策銀行を通じて委託された 2 兆 3,880 億 VND の市予算から 51,024 人の労働者の雇用を創出しました。ジョブセッションとトレーディングフロアでの面接後に仕事を獲得した労働者の数は11,305 人の従業員で、契約に基づき、1,300 人の労働者を一定期間海外に派遣した。企業が提供する職業紹介サービスなどを通じて仕事を見つけることができる労働者の数は、89,894 人です。

Quang Nam 省は労働者を海外に派遣するプロセスをスピードアップ

Quang Nam 省は労働者を海外に派遣するプロセスをスピードアップ

2022 年から 2025 年にかけて、クアンナム省は 5,000 人の労働者を契約に基づいて海外、特に韓国と日本の市場に派遣することを目指している。

クアンナム省人民委員会のチャン・アン・トゥアン副委員長と労働傷病兵社会局および関連する部門および機関との最近の会議で、契約に基づいて労働者を海外に派遣する活動を促進するための解決策が集められました。

報告書によると、2019 年から 2021 年までの 3 年間で、クアンナム省には 2,200 人以上の労働者が海外で働きに出ています。そのうち95%以上が日本で働き、約5%が韓国、台湾、ドイツ連邦共和国およびその他の国で働いている。

8 月 15 日時点で、クアンナム省の海外契約労働者は 616 人である(計画の 61.6% に達している)。その中で、日本で働く従業員は500人以上で、約85%以上を占めている。

海外への契約労働者が多い地域は、タンビン区(従業員 135 人)、ダイロック区(従業員 102 人)、ケソン区(従業員 65 人)である。

契約に基づいて労働者を海外に派遣する事を評価したクアンナム省の指導者は、よく出来たのは一部の地域では、この活動は党委員会、当局、協会、組合により、積極的に指導、支援、または協力など行われており、かなり変化していると述べた。

海外で働く労働者の数は増加しており、労働者とその家族の収入と生活水準は向上しています。多くの世帯が貧困から抜け出し、裕福な世帯になり、蓄積し、転職し、生産を拡大しました。

その上、海外で働く労働者は、高度な科学技術、近代的な労働環境にアクセスできます。規律、専門資格、技術、外国語、高度な要件を備えた産業的な働き方、契約を完了した後、彼らは州の高品質の労働力の源になります。

契約に基づいて労働者を海外に派遣する事は、年間の社会経済開発目標の達成に貢献しています。

さらに、同期的かつ抜本的に実施する解決策がなく、量と質の両方で効率を改善するための強力で画期的な変更を行っていないなど、依然として欠点と制限があります。

契約に基づいて海外で働く労働者の数は、海外で働くことを希望する労働力に比べてまだ少なく、一部の労働力の専門的な資格、スキル、外国語、およびスキルは、特に労働の質の要件が高い国では、外国の労働市場の要件をまだ満たしていません。

契約に基づく海外労働者の管理は、海外で働く労働者の情報が現地に知られていないこと、契約が切れたときの情報が現地に知られていないこと、国、滞在、居住、不法就労など、依然として困難で不十分です。

2022 年 1 月、クアンナム省の人民委員会は、契約に基づいて労働者を海外に派遣する計画を発表しました。したがって、2022 年から 2025 年の間に、州全体で 5,000 人の労働者を契約に基づいて海外、特に韓国と日本の市場に派遣するという目標を達成するために努力しています。

7 か月で 81,000 人の労働者が海外に出稼ぎに出国した

7 か月で 81,000 人の労働者が海外に出稼ぎに出国した。

ベトナムMolisaによると、2022 年の最初の 7 か月間で、国全体で 81,429 人の労働者が契約に基づいて海外で働き、収入が高く安定した市場に焦点を当てました。

同省によると、2022 年の最初の 7 か月で、国全体で 81,429 人の労働者を派遣しました。年間計画目標の90.8%に達し、そのうち女性社員は29,990名。

ベトナムMolisa の目標としては2022年中には、90,000人のベトナム人労働者を海外で働かせることを目指しており、収入が高く安定した市場に焦点を当てています。ヨーロッパ、オーストラリアなどの新しい潜在的な市場に徐々に拡大します。

同時に、受け入れ国との労働協力に関する協定の締結を完了し、促進する。また、外務省は、受入国・地域の在外公館や関係機関と緊密に連携し、外国で働く労働者の状況を注視するとともに、発生した問題に迅速に対処し、労働者の正当な権益を確保する。

ベトナムで働く外国人労働者の管理とライセンスに関して、2022年7月現在の統計では、全国で111,196人の外国人労働者が働いています。そのうち、就労許可の対象となる外国人労働者数は102,523人(92.2%)で、新規就労許可は75,500人に発行され、11,450人に延長され、8,878人が再発行されました。

労働・傷病兵・社会問題省の統計によると、2022 年上半期の労働市場は力強く回復し、15 歳以上の労働力は5,140 万人に達し、前年同時期の最初の 6 か月の労働参加率は 68.3% で、同期間に比べて 0.3 %低下しました。

今年上半期に就職した15歳以上の労働者は5030万人で、昨年同期より41万7000人増加した。そのうち、都市部の雇用労働者は 1860 万人で、762.0 千人増加した。男性従業員は2,670万人で、全従業員数の53.1%を占めています。

都市部の労働年齢の失業率は 2.93% で、前年比で 0.35 %低下しましたが、農村部では失業率が前期比で0.27% 低下し、1.92% になってます。これは、ニューノーマルで働き続けるために、地方から大都市や工業地帯に労働者が戻ってきたことを部分的に反映しています。

訓練を受けた労働者の割合は 66.6% と推定されています。卒業証書と証明書を持つ訓練を受けた労働者の割合は26.1%に達しました。

定められた結果を達成するために、労働傷病兵社会問題省は、2030 年までの労働市場の発展を支援するためのプログラム、労働市場の回復と発展のためのプログラムを実施し続けています。労働者を職場に呼び戻し、雇用創出のための融資を行います。

特に工業団地や輸出加工区の労働状況を綿密に監視・把握し、企業が労働力不足を克服するための支援を迅速に行う計画を立てています。

同時に、労働力の需給をつなぐ活動を強化し、求人交流の場や仕事の取引会を開催し、従業員の仕事の相談・紹介を行う。労働者の所得向上に関連する雇用創出の取り組みは、地方自治体が社会経済開発プログラムの実施と統合に常に関心を持っており、プラスの効果をもたらしてきました。

労働・傷病兵・社会省によると、同省はこれまで、外国の労働市場を発展させるための解決策を実施し続け、企業に外国の労働市場を維持・発展させるための活動を実施するよう指示してきました。

同時に、Covid-19 の流行の状況に関する情報を迅速に把握し、他の国での Covid-19 の流行の状況に対処するために、労働者募集に関する新しい政策および規制を把握します。これにより、派遣会社には受入国の流行防止と制御に関する規制を確保するように導きます。

台湾は入国者に対して8月15日0時からPCR検査を排除。

台湾は入国者に対して8月15日0時からPCR検査を排除。

2022 年 8 月 15 日 0:00 から、台湾に入国するすべての乗客は、出発前 48 時間以内に Covid-19 PCR 検査を受ける必要がないため、派遣国のPCR検査条件を満たしている医療施設のリストは取り消されます。ただし、入国後に入国者のCovid-19テストを維持し、3日間の隔離、4日間の自己監視を規定している。

台湾に入国する前に、Covid-19の陽性反応が出た場合、乗客は出国を許可される前に、検査サンプルを採取した日から7日間待つ必要があります。

「Covid-19の流行に防止するにあたり、国境管理を確保するための外国人労働者のための移民計画」(「外国人労働者のための移民計画」と呼ばれる)における人材派遣会社および従業員に適用される防疫措置に関する規制は継続(労働者は、2022 年 2 月 8 日付の公式派遣番号 141/QLLDNN-DLAM の指示に従って、依然として隔離施設で隔離されています)。

台湾の家庭手伝い労働者(家事労働者)の基本給が上がる

台湾の家庭手伝い労働者(家事労働者)の基本給が上がる

海外労働局は、台湾に人材派遣会社とベトナム人労働者に関連する新しい規制について通知しました。

海外労働局は、派遣会社に通知し、派遣会社から台湾で働くために派遣された家事労働者に通知するように、公文書番号. 1010/QLLDNN-DLAM を発行しました。

 

これに伴い、台湾は家事労働者の基本給の引き上げを発表し、外国人労働者の台湾進出計画の内容を一部調整しました。

 

具体的には、2022 年 8 月 10 日から、家事労働者の基本給が NT$17,000/月からNT$20,000/月に引き上げられます。この給与は、家事労働者が新規採用または雇用主を変更した場合に適用されます。

 

同じ雇用主の下で 3 年間および 6 年間勤務した家族労働者の場合、雇用主は、両者が契約を締結する際に、それぞれ月額 NT$21,000 または NT$22,000 の基本給を支払うことを検討するように促進してます。